チームビルディングを極める

2013.10.20

チームビルディングとは

チームビルディングとは何かを考える前に、「チーム」とは何かを定義する必要があります。

ちょっと古い文献になりますが、1993年にHarverd Business Reviewで発表された論文「The Discipline of Teams」の中で、Jon R. KatzenbachとDouglas K. Smithは

チームは、お互いのスキルを補完できる関係をもった小人数で構成され、彼らは共通の目的を持ち、達成すべきゴールを認識し、実現に向けた連帯責任を負うアプローチを共有している。

と定義しています。

また、彼らは「チーム」と「グループ」の違いも以下のように定義しています。

チームとは:

  1. リーダーシップを共有する
  2. 個人および連帯の責任を負うことを共有する
  3. チームそのものに課せられた特別な目的が存在し、それを共有する
  4. 協業による成果を創造する
  5. 時間制限のない議論が奨励され、積極的に問題解決を行う
  6. 協業によって創造された成果を評価する
  7. 議論、意思決定そして協業を行う

グループとは:

  1. 強力かつ集権化されたリーダーシップの存在する
  2. 個人のみの責任を負う
  3. 目的は新たに設けられず、属する組織のミッションと同じ
  4. 個人の成果の積み上げである
  5. 創造を求めるのではなく効率性を求める
  6. 他者への働きかけを間接的に評価する(組織の財務的指標などで評価する)
  7. 議論、意思決定そして委譲する

このようにチームとは、

「ある共通の目的をもって集まった人々が、その目的達成のために個人の能力を最大限に発揮し、かつチームメンバーとの議論や協業の中でそれぞれがリーダーシップを発揮し、化学反応をおこしながら想定外のイノベーションを創造する集合体、またそれを持続的させることができる集合体」

です。

こうしたチームとなるための活動こそが「チームビルディング」です。