• TOP
  • バリューシェアキャンプ(VSC)
04チームビルディングキャンプ(TBC)

Pourpose
目的

チームビルディングにおけるビジョンの共有を目的としています。新入社員に対して、もしくは組織再編後に社員が集まり、自分たちの組織の価値・ビジョンについて対話します。自分の言葉として理解し、体現できることを目指します。

このページの上へ↑

CaseStudy
ケーススダディ3【内定者向けアフターフォロー】

課題認識

OJT

  • 内定者の「入社歩留まり」を高める(100%とする)。
  • 入社後の準備期間(たとえば、必要なスキルの習得および高いモチベーションの維持)と位置付ける。
  • 上述の内容を目的とし、私たちは以下のような人材開発の観点から内定者向けのアフターフォローを実施していく。

    1. 入社後の戦略短期化
    2. 組織変革への担い手養成
  • これらを座学の研修形式(ある意味つまらない、ありきたり)ではなく、記憶に残る面白い、楽しいことを通じて、目的を達成していく。

このページの上へ↑

実施

【内定者による1か年実行計画立案】

対話・内省・議論を繰り返しながら、「求められる人材」の問いに対する答えを導き出し、自己成長におけるアクションプランをコミットメントすることを目的とする。

時間 モジュール 概要 ツール
DAY1
10:00-12:00 チームビルディング ■2日間の「場」作りをおこないます
■チーム全員でフォレストアドベンチャーを体験します。
(全体)チームビルディングアクティビティ
昼食
14:00-14:30 チェックイン ■ゴールを共有します (全体)共有
14:45-16:00 対話1:
提供価値とは何ですか?
■対話を通して、自分もしくは仲間が問いに対してどのような考えを持っているのか発見、気付きを得ます。
■対話終了後、自分自身の気持ちの遷移を内省します
(グループ)ワールドカフェによる対話
(全体)共有
(個人)内省
16:00-18:00 夕食の準備 ■全員で協力して、夕食の準備(自炊)を行います。 (全体)アクティビティ
夕食
20:00-21:15 対話2:
価値を提供するために、どんな人材になる必要がありますか?
■対話を通して、自分もしくは仲間が問いに対してどのような考えを持っているのか発見、気付きを得ます
■対話終了後、自分自身の気持ちの遷移を内省します
(グループ)ワールドカフェによる対話
(全体)共有
(個人)内省
21:30- チェックアウト   (全体)共有
22:00- 懇親会 ■お酒を飲みながら、対話内容を深めます (全体)共有
時間 モジュール 概要 ツール
DAY2
朝食
9:00-9:15 チェックイン ■DAY2の「場」作りをおこないます
■DAY1でおこなった対話のおさらいをします
(全体)共有
9:15-10:30 議論1:
取るべき行動様式の定義
■取るべき行動様式の定義を行います。 (グループ)チーム議論
(全体)共有
10:30-12:00 共有1
先輩社員との共有
■定義された行動様式を先輩社員と一緒に議論し、先輩社員との対話を通じて整合性を発見します。 (全体)共有
昼食
13:00-14:45 議論2:
1か年の自己成長行動計画立案(チーム行動と個別行動)
■チームおよび個人で実施する1か年行動計画を立案します。 (各支社)チーム議論
15:00-16:00 発表:
行動計画の共有
■行動計画を発表します
■先輩社員からアドバイスをもらいます
(全体)共有
16:00-16:30 チェックアウト ■2日間の内省をおこないます
■2日間のまとめをおこないます
(個人)内省
(全体)共有

このページの上へ↑

CaseStudy
ケーススダディ4
【営業組織におけるビジョン共有】

課題認識

ケーススタディ4顧客への価値創造活動をさらに強化するため、2011年8月1日付けにて営業組織を大幅に再編しました。再編にあたり、1)効率的な営業活動を実施できるチーム作り、および2)組織内外の横のつながりがあるチーム作りを目指し、チームビルディング研修を行う計画を立案しています。

一方、一般的なチームビルディング研修、つまりアクティビティ(ゲームや模擬チーム体験)だけの取り組みだけでは、継続的に成果を実現するチーム作りを行うには十分ではないと考えています。

したがって、今回チームビルディング研修を検討するにあたり、以下にコンテンツをバランス良く盛り込むことが肝要と考えます。

  1. ビジョンを改めて共有(ストーリーテリング)し、チーム活動のよりどころとなる存在意義、目標を全員で共感する(=共感できたものは行動できます)
  2. チームメンバーとの対話・内省サイクルを回し、創発活動を通じて自ら取り組むべき行動を発見する(=発見できたものは行動できます)
  3. 全員で一体感を味わい、組織変革・意識変革のマイルストンとし、行動の起点とする(=感動できたものは将来においてリモチベートできます)

このページの上へ↑

実施

# モジュール 時間(分) 累計(分) 時刻 項目
1 オープニング 15 15 13:00-13:15 ■ビジョン(動画)
■社長メッセージ(動画)
2 アイスブレイク 10 25 13:15-13:25 ■クイズ
ワーク1
(物語)
30 55 13:25-13:55 ■お客さまの声
(お客さまインタビューもしくはコールセンター抜粋)
■お客さまの物語(3話)(動画)
4 ワーク2
(対話)
60 115 13:55-14:55 ■グループ(6名*15)対話(ワールドカフェ方式)
問1:私たちの共有価値とは何ですか?
問2:そのために私たちは何をすべきですか?
■全体共有
休憩・準備 15 130 14:55-15:10  
アクティビティ 40 170 15:10-15:50 ■ドラムカフェによるドラミングチームビルディング
ワーク3
(内省)
30 200 15:50-16:20 ■グループ(6名*15)対話(ワールドカフェ方式)
問3:本日何を感じ、何を学びましたか?
■全体共有
クロージング 10 210 16:20-16:30 ■まとめ
アンケート 5 215 16:30-16:35 ■アンケート記入
10 休憩・準備 15 230 16:35-16:50  
11 懇親会 60 290 16:50-17:50  
  • 戻る
  • ストラテジーチェンジキャンプ

このページの上へ↑

トップページへ戻る